ヘルプインターナショナル(NPO)

purpose-r-ban

Purpose of Establishment

A society where everyone can support when they encounter difficulties and seek help from others.

>>>>>>> A society that is not indifferent to the pain of others.
>>>>>>> Let’s realize such a society together.

“We want to change the society in which we live…”
“We want to create a supportable society…”
“We want to do what I can do…”

It can be said that our Japan is certainly a peaceful and prosperous society. And it is highly likely that many of the difficult issues of this society are not sent to the elderly, but to the future-children. Children who are socially vulnerable can enjoy the support they need in a rich and generous society.

However, if society can’t afford it, it will give priority to today by turning its attention to the future. We feel that adults who cannot take on difficulties and children who receive wrinkles will increase in the future society. We believe that the lives of people born and raised in the same country should have equal opportunities, even if the results are inequality.

However, in recent years, the movement of residents to resolve local issues voluntarily and independently has started to spread, and cooperation has also started to advance. In the community, the movement of problem solving by citizens’ independent efforts has spread. Efforts are being made to solve the problems of Japanese society, which are also called “advanced countries”, with citizens’ creative ideas. Of course, citizens’ activities are not limited to the country.

We believe that way and do “help” activities and We look forward to your warm look and support.

困難に直面したときに誰もが支援し、他の人に助けを求めることができる社会。
他人の痛みに無関心ではない社会。
そんな社会を一緒に実現しましょう。

「私たちは私たちが住んでいる社会を変えたい」
「サポート可能な社会を作りたい」
「できることをやりたい」

私たちの日本は、相対的には確かに平和で豊かな社会であると言えるでしょう。そして、このような社会が抱える困難のツケの多くの部分は豊かな高齢者層ではなく、未来~つまり子どもたち~に回される可能性が高いのではないでしょうか。社会的な弱者である子どもたちは、豊かで余裕のある社会においては必要なサポートを享受できるはずです。

しかし、社会は余裕がなくなると、未来にツケを回し今日を優先させます。

困難を引き受けられない大人や、そのしわ寄せを受ける子どもたちは、これからの社会で増えてくるのではないかと感じています。同じこの国に生まれ育った人たちの人生が、結果は不平等であったとしても、機会は平等であるべきだと信じています。

しかし近年は、住民が自発的・主体的に地域課題を解決する動きが広がり始め、連携も進み始めています。地域社会でも市民の主体的努力による課題解決の動きが広がってきました。対話を重ね、連携を進め、「課題先進国」とも言われる日本社会の課題群を市民の創意で解決する取り組みが進められています。もちろん、市民の活動は国内だけにとどまるものではありません。

みなさまの暖かいまなざし、そしてお力添えを心よりお願い申し上げます。

ボランティア

ボランティアとしてヘルプ インターナショナル(NPO)の社会活動に参加する。